口先の真実

素人文章書きのずるずる日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://kuchisaki.blog40.fc2.com/tb.php/284-904fad37
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

どろり

久々に雑記。
ていうかいつでも雑記だけども。

社会人になって(多分なってる)一番思い知ったのは、自分が「女」だ、ということです。
もーどこ行っても「女の子ー」「女性はねー」「女ー」言われますなんか。
まあ女なのはしょうがないのでいいんですけど、うんざりするくらいは自由ですよね。


以下ぐずぐず↓*
何回か書いたり言ったりしてるので知ってる人は知ってますが、私は「オンナ」になりたくありません。
そして特に男になりたいわけでもありません。
どう見て欲しいとかはないのですが、ただただ性別で認知されることが酷く苦痛です。

性別を意識することが「大人」になることなのだということに気付いたのはそう最近のことではないですが、子供でいたい、というわけでもないです。

多分私は、誰にも見られたくないんだと思います。
そして、皆に見て欲しいという矛盾した願望を持ち合わせています。
ただし、見て欲しいのは私の姿ではなくて、姿をなくした私という記号、意識、考え、なんだと思います。

だから死にたい死にたい言ってます。
そんなことが出来ないことくらい、私だって知っているからです。
出来ないなら何も無い方がいいんです。
望みなんて叶わないなら最初から無い方がいい。
でも死ねない。怖いから。

全か無か。
私にとってそれが究極のやすらぎです。


私は顔を見られるのが嫌いです。
人の顔を直視することも苦手です。

誰かにいちばん大事だと思われることが怖いです。
誰かをいちばん大事だと思うことが出来ません。

皆好きです。
そして、誰も好きではありません。


よく恋愛の話をされます。
同期の子に、同期男子との仲を取り持つだか茶化されるだかするような態度をとられます。

しかしそれに対しては全くなんの感動もありません。
うれしいも恥ずかしいもありません。
あるのはそういう会話や態度に対する呆れと少しの嫌悪。

本当に本当にどうでもいいとしか思えない。
そういう風に見られる自分が厭わしい。

私は誰にも見られたくないんだと思います。
そしてそういう自分を認めて欲しいんだと思います。

でもこういう感じ方は多分異端で、もしかすると人類としてもあってはならない考え方なのかもしれないとすら思います。
でも生まれてくる嫌悪は嫌悪でしかないんです。

女であることは私にとって重要なことではないです。
恋愛することは私にとって必要なことではないです。

むしろ恋愛なんていうのは物語とか人の想像上にしか存在しえないのではないかとすら思います。
幽霊のように、あるのかないのかわからないような状態で、大方無いような感じに考えは固まっているのに、暗がりに行くと怖い、と思ってしまうような。

純化された恋愛なんて現実に存在しない、というのは通説でしょう。
漫画とかでの恋愛が現実に存在しないのは、いくつもの「ありえない」があるからです。
その「ありえない」を相手にかぶせてしまえるのが、現実での恋愛です。
だからその妄想によるメッキがはがれた時、人は相手に「幻滅」するのです。

という全くどうでもいいようなことばかり考えるので、頭先行で恋愛ができないんでしょう。
それを悔やんだりとかはないです。
恋愛できなくて寂しい人みたいに見られたり思われたりするでしょうが、そういうのもなんとなく的外れな気がします。

恋愛できる人はすればいいんです。
私にはそれが出来ない、というか必要ないだけです。

どうしても食べられないものがある、どうしても出来ないことがある、というのと同じです。
ただそれだけです。
共通して全人類が出来ることではないんです、恋愛なんて。

だからこそ貴重で、それを皆で共有するために恋愛の物語が生まれるんだと思います。
話の中でなら、純化された恋愛なんていくらでも作り出せるし、胸が震えるような思いも共有できますから。

「友達」が人間関係のなかでいちばん親しく付き合える関係性だと感じます。



あー結論としては。
もうめんどくさいから引きこもりたい、ってことで。



女で得することもあるけど、それすらどうでもいい。
スポンサーサイト
2008.05.12[Mon] Post 23:13  CO:0  TB:0  雑記  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

どろり のトラックバックアドレス
http://kuchisaki.blog40.fc2.com/tb.php/284-904fad37
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。